Informations
Motifler
嫁入る道具の箱

嫁入る道具の箱

嫁入る道具の箱のモチーフは結婚と子供を希望女性のことを象徴する。女性
は生まれてから結婚するまでに自分のために作った嫁入る道具として;絨毯、
キリム、と編み物はこの箱に入れて保管する。結婚した後引っ越した旦那さん
の家でこれらの品物を使います。女を代表する女神はキべラでキべラを象徴する
木はヒマラヤ杉です。なので嫁入る道具の箱はヒマラヤ杉の木で作ります。
  木は祖先から代々受け継がれてきた命を象徴する。女性は嫁入る道具を悪魔
の目からと結婚不滅ために鍋にカーネーションとチョレキオトと呼ばれる(白くて
小さい花)を嫁入る道具箱に入れる習慣がある。アナトリアの文化ではハンカチは
離婚と悲しいの事を象徴するので箱に入れない。
  嫁入る道具の箱に自分の持ち物;お金、手紙、避妊するために特別な草と
整理用品などを特別な布に包んで箱に入れて隠します。この箱は女性は結婚する
までに精神的に子供を産む準備の役割を果たしている。結婚してしばらくしてから
子供を産む